ハンドメイドの販売価格に迷ったら、とりあえず横並びにしとく

pretty-woman

迷ってますか?

ハンドメイド作品の価格設定。

はじめに言っておくと、価格設定に正解は無いです。

もし正解があるとしたら、お客さんが買ってくれる値段が正解でしょう。

でもそれがわからないからこそ、悩んでいるですよね。

良い方法があります。

とりあえず横並び

まずは、材料費とか利益とか、細かいことをあれこれ考えることは一旦ストップしてください。一度迷い出すと「自分は間違っているんじゃないか」「損してるかも」とか考え出して、エンドレスになりますからね。

値段設定に迷ったら、とりあえず横並び。

これだけです。横並びにするゾ!と決めてください。

「だいたいこのくらい」相場感

そう決めたら、次にやることは価格調査。「自分の作品と同じような作品はいくらで売っているのかなー」のノリで価格調査です。

ネットを検索したり、手作り市や雑貨店に出かけてみてください。

「だいたいこのくらいかな」

という感覚が出てくればそれでオッケー。

だいたい似たような作品の相場に合わせておく。

「まーそんな感じ」お客さんの相場感も似てくる

買う方もネットで何作品か見ていれば、だいたいの相場感覚ができてくるので、「まーそんな感じだよねー」と思ってくれます。

これが相場に合わせる最大のメリットです。

安すぎると、「ひょっとして、ヤバイ? なんでこんなに安いの?」とかお客さんが考えてしまったりします。

高すぎると、「高い。ありえない」とスルーしてしまいます。

だから、「まーそんな感じだよねー」ぐらいでちょうど良いのです。

「なんか違うな」と感じたら値段を変える

値段付けで悩んでいるだったら、何も考えずに横並びが鉄則です。

で、しばらく横並びでやってみて、「なんかちょっと違うなー」と違和感が出てきたら、そこでやっと値段を変えてみます。

あの人より上か下か

girl

値段をどうやって変えるかというと、ここでも横並び感覚で変えます。

自分と同じような作品を作っている人より、自分は上か下かを基準にします。

「あー、この人の作品結構良い値段で売っているけど、正直そんなクオリティ高くないよね。自分の方が高い材料使っているし。高くしても売れるかも」と思ったら、その人よりちょっと値上げします。

「ちょっと」というのは、100円とか500円とか。自分が買うなら「どうかなー」というのを基準で考えます。

「この人の作品凄すぎ。どうやってもかなわない」と思ったら、その人よりすこーし値下げ。値下げの幅を考える時は、値上げするときと同じように、自分で買うならこのくらいかなというところです。

ざっくり横並び

このくらいざっくりで良いです。

原価とか利益率とかキッチリ計算せずとも、まずは横並びで良いです。

企業組織でやる場合は別ですけどね。

個人レベルでやるなら、そんなにキッチリしなくてもいいんじゃないでしょうか。

迷ったら、横並び。

「まーそんな感じだよねー」ぐらいが、一番買ってくれそうな気がしませんか?

関連記事 アート・ハンドメイド作品の値段っていくらに設定したらいいの?

スポンサーリンク