ネットデビューのメリットとデメリットまとめ

net shopping

個人がモノを作って売る時代。

私が20代の頃は考えられませんでした。今は手軽にネットで販売できるんですね。時代は変わったものです。

ネットで作品発表するメリット

低コストで作品発表できる

一番のメリットは、なんといってもこれに尽きるでしょう。

展示期間は好きなだけ、24時間発表し放題。お金もそんなにかからない。

ネットで発表しない手はありませんね!

自宅でできる

作品の写真を数枚撮影して、インターネットにアップロードすればそれで完了です。

作品をかき集めてダンボールに詰めて発送したり、ギャラリーまでの遠い道のりを旅する必要も無いので、ものすごく楽です。

空いた時間を利用して、子育てしながら、フルタイムで働きながらでも、作品を発表したり販売することが可能です。

ネットで発表しない手はありませんね!

収入を得られる

作品が売れたら、自分の収入になります。もちろん、売れたらの話ですが。

好きなことをしてそれがお金になるなんて、すごくハッピーなことですよね。

ネットで発表しない手はありませんね!←しつこい

仲間ができる

同じ趣味を持った人たちとつながりが出来やすいです。

オフラインで交流したり、イベントに一緒に参加したりできます。

作品販売について情報交換したり、作品作りのレベルアップにも活用できますね。

もちろん孤独を愛する一匹狼的ライフスタイルの方は、無理に参加する必要はありません。

夢がある

作品がたくさん売れれば、もしかして作品づくりだけで生活できてしまうかもしれません。

テレビに出たりして有名になれるかも・・・・・・。

都内の一等地にアトリエを構えたり、誕生日には多くのファンから祝福される日がやってくるかも・・・・・・。

夢は、果てしなく広がりますね。夢を見るのはタダですから。

でも、そんな夢も不可能じゃないところが、ネットのすごいところなんですよね。

デメリット

woman

メリットがあればデメリットもあるのは、この世の常です。

とは言えメリットと比較すると、デメリットはそんなに多くはありません。ただし、人によっては挫折の原因になってしまうかもしれません。

成果が出るまで時間がかかる

売れるまでは、ある程度時間がかかると思っておいた方が良いです。

そう思っておけば、売れなくてもイライラしないで済みます。個人の作品なんてそう簡単に売れるモンじゃないです。

有名なサイトに登録している場合は、そのサイト自体に集客力があるので一週間もしない内に成果がでるかもしれません。

自前で一からコツコツとサイトを作っている場合は、3ヶ月から1年ぐらいは見ておいた方が良いです。

それ以上かかっても売れない場合は、天才の作品は今の時代にマッチしないと考えて放置しましょう。

どうしても売りたい人は、自分の創作スタイルを捨ててお客様が食いつきそうな作品を作れば、すぐ売れます。

激しい競争がある

はっきり言ってハンドメイド作品は、寡占状態です。

誰でも簡単に発表できる時代ですからね。

プロもたくさん参入しているので、クオリティもどんどん上がっています。

頑張って作品を作っても他の人にすぐ真似されて、悔しい思いをすることもあります。

つまり、常に自分のオリジナルな創作スタイルを維持しておく必要があるということです。

生半可な気持ちでは、長続きできないということですよね。

ネットショップを開設する前に

ネットショップを開設して長く続けていくために必要な機能をまとめてみました。

関連記事 アート・ハンドメイド作品のネットショップを開設するのに必要な機能をまとめました