アサダワタル「千住タウンレーベル」試作品(デモ)発表会

senju_townlabel

2016年度の新プロジェクト・まちを素材に音を編む

アサダワタル「千住タウンレーベル」試作品(デモ)発表会

〜「まちを舞台にした音楽レーベル」という発想を実現させるべく集まった「タウンレコーダー」たちが織りなす、海のものとも山のものともつかない音のメディアを、ひとまずつくってみたので、それを聴きながら語り合おう編〜

詳細はこちら

見どころ

千住タウンレーベルでは今春以降、『音盤千住』を定期的にリリースする予定。

公募で集まった20数名の「タウンレコーダー」(記者)たちはこの数ヶ月、「音のメディア」や「編集」にまつわる学びを重ね、実際に取材や演奏、録音や編集、執筆などを通じた試作品(デモ)を創作してきました。

今回の発表会ではこれらのデモを聴き合いながら、ゲストアドバイザーとともに「まちを舞台にした音のメディア」やそれを発行する「タウンレーベル」という、音楽・地域実践の可能性を、参加者のみなさんと語り合う機会にできればと思います。

どうぞお気軽にご参加ください。

開催概要

開催期間

2017年2月26日(日) 15:00-18:00(14:30開場)

会場

安養院(東京都足立区千住5-17-9)

アクセス

北千住駅[西口]徒歩約10分(JR常磐線/東京メトロ千代田線・日比谷線/東武スカイツリーライン/つくばエクスプレス)

料金

無料(事前申込優先・先着50名)

ディレクター

アサダワタル

ゲストアドバイザー

岩淵拓郎(編集者・mediapicnic主宰)ほか

主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学音楽学部・大学院国際芸術創造研究科、特定非営利活動法人音まち計画、足立区

詳細はこちら