フィリピンからの、ひとりひとり マキララ 〜知り、会い、踊る〜

senju

演出家・阿部初美 あべはつみの構成・演出による映像展⽰、ワークショップを9⽉に千住エリアで開催!

フィリピンからの、ひとりひとり マキララ 〜知り、会い、踊る〜

チラシ1

「マキララ」は、フィリピンの⾔葉で「知り合う」。

映像展⽰と対話型ワークショップ、フィリピーノ流パーティーの 3 つのプログラムを通じて、 彼や彼⼥、ひとりひとりと知り合ってみませんか。

⾜⽴区は、東京23区の中でフィリピン⼈の居住者数が最も多い地域です。

国⺠の90%がカトリック信者ともいわれるフィリピン。⽇曜になると、梅島(⾜⽴区)の教会には100名以上が集まります。ミサの後には歌やダンス、⾊とりどりの料理があふれ、にぎやかなおしゃべりが⾶び交います。そんな彼らは普段、どんなことを感じながら⽇本で暮らしているのでしょうか。

「⾳まち」では、地域に暮らすニューカマーの⽣活様式や⽂化背景を紹介/共有するアートプロジェクト「イミグレーション・ミュージアム・東京」(企画・監修:岩井成昭[美術 家])の⼀環として、2014年からフィリピンコミュニティーの⼈々と関係を築いてきました。

本プロジェクト「マキララ」では、演出家・阿部初美が教会に通うフィリピーノにインタビュー。その内容をもとに構成した映像作品の展⽰「知る」、阿部がファシリテートするワークショップ「会う」、誰でもあたたかく受け⼊れるフィリピーノたちの楽しみ⽅にインスピレーションを得たパーティー「踊る」の3企画を、2週末(6 ⽇間)にわたり、千住の古⺠家「仲町の家」を主会場に開催いたします。

チラシ2

展示

構成・演出: 阿部初美

映像: 冨⽥了平

会場構成: ⽇本⼤学 佐藤慎也研究室

開催期間

2016年9⽉10⽇(⼟) 〜 19⽇(⽉祝)

※⼟⽇⽉・祝⽇のみ開催

映像展⽰|知る Their history, to be our story

9/10(⼟)、11(⽇)、12(⽉)、17(⼟)、18(⽇)、19(⽉祝) 10:00-17:00

ワークショップ|会う なにが気になる?

9/11(⽇)、18(⽇) 17:00-19:00

定員各回 15 名(事前申込優先)※英語通訳あり

パーティー|踊る フィリパピポ!!

フィリパピポ

9/17(⼟) 18:00-20:00(17:30 開場) 定員 100 名(事前申込優先)

※パーティーの会場は東京藝術⼤学 千住キャンパス 第7ホール、フィリピンフードは有料

フィリパピポって何?

開催場所

展示とワークショップ:仲町の家

東京都⾜⽴区千住仲町 29-1

※北千住駅[⻄⼝]徒歩約 10 分

お問い合わせ

アートアクセスあだち ⾳まち千住の縁 事務局

TEL:03-6806-1740

WEB:http://aaa-senju.com