ハンドメイド・手作り作品の売上アップには、まず腕を磨くことから 

athletic

自分の作品がなぜ売れないか。

ぶっちゃけて言ってしまうと、作品が未熟だからです!

価格の上げ下げを考える前に、まずは作品の腕を磨くことを優先に考えたほうが良いと思います。

お客様は鋭いので、作品が良いか悪いかはすぐに見抜いてしまいます。

ほんのちょっとでも未熟なところがあったら、その作品は買ってもらえません。

スポンサーリンク

「腕を磨け」指令

ショップに作品を登録して1年以上ひとつも売れなかったら、それはお客様から「腕を磨け」指令が発令されていると受け止めてください。

ここで言いたいのは、「腕を磨け」指令の発令というのは、自分の作品が全否定されたということではありません。

まだまだ作品として、作家として伸びる余地がある!ということです。

売れなくてラッキーなんです。

これから腕を磨いていけばたくさん売れていくんですからね。

どうやって腕を磨くか

exercise

どうやって腕を磨いたら良いのでしょう。

作品によっては認定講師があったりするので、講師の先生に教えを請うという方法があります。

でもそのような講師がいない場合はどうしたら良いのでしょうか。

それには、たくさんの作品を見ることです。

自分の作っている作品ジャンルに近いものから始めると良いです。

ネットのブログや画像検索を始めとして、手作り展や百貨店、美術館、アートギャラリーなど作品を見る機会はいくらでもあります。

自分ではとうてい表現できない作品が見つかったら、「どうやって作るんだろう?」と考えてみてください。

一度そういう風に考えてみると、いろいろなアイデアが浮かんでくるものです。浮かんできたアイデアを試してみてください。

どうしてもわからないというときは、その作品の作家さんに思い切って聞いてみることも必要です。そのときは低姿勢で謙虚な姿勢で聞くようにしてください。作家さんの迷惑にならないように。気分を悪くさせないように。

お客さんの反応を見て微調整を加える

customer

作った作品は、全部ショップやSNSにアップしてお客様の反応を見ましょう。

腕を磨いて作品のレベルが上がってくれば、お客様の反応も違ってきます。注文にはならないものの、アクセスが増えたり、コメントや問い合わせが増えてくるかもしれません。

反応が変わってくれば、ゴールはもう少しです。とは言っても、それでもなかなかうまく売れてはいかないと思います。

お客様の反応を見ながら微調整していき、どうやったらもっとうまく作れるかを試行錯誤します。

このぐらい売れて当然!

banknote

売れるようになるまで微調整を加えながら、徐々に作品のレベルを上げていくしかありません。売れるようになるまでこの繰り返しです。

時間がかかります。

1週間や一ヶ月どころの話ではありません。

半年、いや1年以上、いやもっとかもしれません。

そのぐらいのロングタームで腕を磨いていけば、数年後はかなり高いレベルまで登っているはずです。

「このぐらい売れて当然」ぐらいまで意識が変わると思います。

逆に言うと数年かけて腕を磨く覚悟がなければ、なかなか作品は売れていかないということです。