アート・ハンドメイド作品で売れるのは、「あ、いいかも」作品

ひまわりと女性の画像

アート・ハンドメイド作品(以下ハンドメイド作品)で売りやすいのは、究極のところ、お客様がひと目見て「あ、いいかも」と思った作品です。

逆に言えば、「あ、いいかも」と思ってもらえない作品は、そのままスルーされるということ。そういう作品は、お客様は2度と戻らず、注目もされず埋もれていく運命にあるということです。

ハンドメイド作品は、「あ、いいかも」とひと目で喰いついてもらわないことには、うまく売上につながっていきません。

作品をうまく売っていくには、「あ、いいかも」とお客様に思ってもらうかが勝負なのです。

そこで、なぜ「あ、いいかも」が必要なのか、「あ、いいかも」と思ってもらうにはどんなことをすれば良いのか、書いていこうと思います。

ハンドメイド作品が売れなくて困っている方や作品が埋もれがちな方に、作品を売るヒントの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ハンドメイド作品は売れない要素だらけ

困っている女性

正直に言ってしまうと、

商品として見た場合ハンドメイド作品ほど売りにくい商品はありません。

売るためのハンディキャップが多すぎるんです。

ハンドメイド作品は生活必需品じゃない

ハンドメイド作品は生活必需品ではありません。

水や食料がなければ困りますが、別にハンドメイド作品を買わなくても何も困りません。

人がお金を使う時には、生活必需品にまずお金をかけます。

生活必需品ではないハンドメイド作品にお金を使うのは、必然的に後回しになります。

ハンドメイド作品は競合が多すぎる

市販の商品との競合

文房具にしても衣類やアクセサリーにしても、同じような機能や用途をもつものは市販の商品にもたくさんあります。

使い勝手、デザイン性や品質など市販の商品の方が良いものがたくさんあり、いくら魂をこめて作っても到底太刀打ちできません。

それに市販の商品は、世の中のありとあらゆるショップで売られているので、ハンドメイド作品は販売チャネルからしても、市販の商品とは太刀打ちできません。

国内外の作家さんとの競合

さらに同じような作品を作っている作家さんも競合になります。

今はネットが普及しているから、競合は国内だけではなく、海外の作家さんも競合になります。

世界中の作家さんと市販の商品が競合相手なので、埋もれない方がおかしいぐらいです。

ブランド力が低い(有名じゃない)

さらに言うと、ハンドメイド作品は、ブランド力が低すぎます。有名じゃないのです。

たとえば文房具といえば、コクヨ、ゼブラ、キングジムなど誰もが知っているブランドがあります。

対してハンドメイド作品には、そのような誰もが知っているブランド力はありません。

ということは、まだリピーターやファンがついていない作家さんの作品というのは、認知度ゼロということです。誰もその存在を知りません。

同じような作品を作っている作家さんがいて、その作家さんのほうがファンがついていれば、当然その作家さんの方がブランド力があり、その作家さんの方がたくさん売れるに決まっています。

あなたのハンドメイド作品がなぜ売れないのかというと、結局「誰も知らないから」という所に行き着くのです。

値段も安くない

当然と言えば当然ですが、市販の商品は大量に生産するので値段も安くできます。

安くて、使い勝手が良くて、ブランド力があれば、みんなそっちの商品を買いますよね。

対してハンドメイド作品は、値段とブランド価値のバランスが大事なので、なかなか安売りできません。安売りすると、安っぽい作家さんと認識されてしまうからです。

「一度売れれば」長く売れ続けるハンドメイド作品

うまくいっているイメージ

ここまでかなり否定的なことを書きました。

「じゃあ、ハンドメイド作品なんて売ってもしょうがないのか」と思った方もいらっしゃるでしょう。

でも、一度売れ始めれば、長く太く売れ続けるのもハンドメイド作品の特徴です。市販商品はすぐ売れるけど、売れなくなるのも早いです。

市販の商品よりもファンが離れにくいし、大量に作れないので稀少価値も出てきます。

希少価値が出てくれば値段も高くなるので、利益も増えていきます。

そのためには、やっぱり売るための工夫を必要があるのです。

たくさんの売れない要素を吹き飛ばして、マイナスをプラスに変えなければいけません。

そのために必要なのが、「あ、いいかも」の力ということです。

「あ、いいかも」の作り方

相談している女性

ではどうしたら「あ、いいかも」と思ってもらえるのでしょうか。

「あ、いいかも」の作り方を説明していきます。

自分で体験する

まずは、自分で「あ、いいかも」を体験してみましょう。

たとえば、ありふれた「猫モチーフのはんこ」に「あ、いいかも」と思ってもらうにはどんな気付きが必要なのでしょう。

まずは、市販の商品や競合している作家の作品を調査してください。

ネットで検索したり、近所のお店を見て回ると良いでしょう。

「あ、いいかも」と思った作品や商品には、どんなものがありましたか。そこにヒントが隠されています。

組み合わせの法則

隠されていますといっても、まだ隠れているものの正体はわからないでしょう。

なんとなくヒントがあるような無いようなモヤモヤした感じだと思います。

そこで、自分なりに作品のコンセプトを組み合わせて行きます。

組み合わせのコツは、作品を使う用途にモチーフを組み合わせることです。

たとえば、用途が「はんこ」。モチーフは「猫」といったような組み合わせ、といった感じです。

競合からどんどんずらす

競合から埋もれないために、コンセプトをずらしまくるという方法があります。

先程の「猫のはんこ」。

ネットでも近所のショップでもたくさん商品が売られています。競合有りすぎ状態です。

これだと完全に埋もれるので、どんどんコンセプトをずらしていきます。

たとえば、

「昭和のおばさん風な猫のはんこ」

「偉人を模した猫のはんこ」

「大富豪テイストな猫のはんこ」

といった風に。

で、すでに同じような作品があったとしたら、さらにずらします。

たとえばすでに

「大富豪テイストな猫のはんこ」があったとしたら、

「豪遊している猫のはんこ」や「大富豪テイストなうさぎのはんこ」など、

連想ゲームみたいにコンセプトをずらしていきます。

思いつくヒントとしては、用途は日常的なものであまりずらさず、モチーフを非日常の組み合わせにするのが良いでしょう。

用途をずらしてしまうと、お客様からすると意味不明のオブジェにしかなりませんからね。

あくまで用途は用途として、固定してずらさないのがコツです。

たくさん作ってテストする

最後は、とにかくたくさん作ってみます。

そして、テストします。

テスト方法は、友人に見せる、インスタで公開する。展示会に出す・・・・・・。

方法はたくさんあります。

とにかくいろいろ作ってみて反応を見てみるのです。

と同時に、どんな作品が反応良かったかについても把握しておきましょう。

インスタ「いいね!」数など、是非数字で記録しておいてください。

数字で把握しておくと、今後どんな作品を作れば反応がよくなるか予測も立てやすいからです。

反応の良い作品は、「あ、いいかも」と思ってもらえた作品

ショッピングしている女性

反応が良かった作品は、つまりは「あ、いいかも」の力が強い作品ということです。

そんな作品が見つかれば、どんどんショップに出してみることをおすすめします。これまでとは売れ行きが違ってくるでしょう。

ハンドメイド作品は非常に売りにくい商品ですが、市販の商品と違って一度ファンをつくと右肩上がりに成長しやすいという特徴があります。

ファンが増えれば、他の作品の売上も増え利益率も向上してきます。

数が売れれば、原材料にかけているコストも工夫次第で減らせるので、さらに利益を上げることができます。

そのためにはお客様から「あ、いいかも」という声をもらうことが、最初の第一歩になるのです。

なお、こちらのページ(材料費を抑えてハンドメイド作品の利益率をアップしよう)では、梱包資材やアクセリーパーツなどハンドメイド作品の材料費を安く買えるショップを紹介しています。作品の利益率を上げる参考にしてもらえるとうれしいです。